小説を 勝手にくくって 20選!

ジャンルで分けた20選の感想をつづります。

       書評を中心に、時たま日常を語り社会問題に意見します。ネタばれは極力気をつけます。        

17 警視庁公安部・青山望シリーズ 濱 嘉之  (2011~2018)

 ついに警察出身、しかも公安出身者が警察小説を書く時代になった。

 まず前シリーズに「警視庁情報官」シリーズを手がけている。ノンキャリアだが情報のエキスパートである黒田情報官を見込んで、警視庁及び警察庁トップクラスの肝いりで情報の収集及び分析を専門に扱うセクションが創設せれる。様々な情報を収集し、それを独自の人間相関関係フローに落とし込んで情報のスクリーニングを行い、その微かな情報を手がかりに大事件を阻止、または黒幕を含めて退治する、警察のスーパーマンのような物語。情報の収集・スクリーニング方法などは、公安ならではのリアルを描いている。

 本シリーズはその続編的で、時々「伝説の」黒田情報官の噂も出てくる。但しスーパーマンを1人でしょい込むのは無理があるので、本シリーズはノンキャリアの同期4人がそれぞれの分野で専門能力を発揮しながら、情報を共有し捜査を協力して、事件を解決・阻止する役割を分担する。4人を配置したため、捜査に広がりを持たせ、ビジネス小説のような趣もある。

 主人公の青山中央大学剣道部出身。公安部出身の優秀な情報官で内閣官房情報調査室の勤務経験もある。独身で各地の名産・名物・名店の造詣も深く、そのウンチクを傾けながら夜の会合を通して、フィクサーからチンピラ、そして近所の人まで幅広い分野の人物と人脈を広げている。現場で麻布警察署警備課長に出るが、そのあと公安部に戻っている。

 藤中克範。筑波大学ラグビー部出身。体重は100キロ声でも体力は抜群。妻は婦警、義父も刑事の警察一家。捜査一課の強行犯一筋で管理職では「花形」新宿署の刑事課長となるが、その後なぜか科学警察研究所に転勤。全くの畑違いでショックを受けるもすぐに立ち直り、その後は仕事に邁進することで、自分の能力の幅を広げていく。

 大和田博。早稲田大学野球部出身。一般入試で入学するも正捕手のレギュラーを獲得する努力家。妻はその野球部のマネージャー。警察庁の大臣官房総務課に派遣経験もあるエリート。暴力団対策を専門とし、浅草署組対課長として現場に出るが、その後は以前経験のある人事部の監察・表彰係というエリートコースに異動し、警察内部の情報を蓄積していく。

 龍一彦。関西学院大学アメフト部出身甲子園ボウル優勝のメンバーでアメリカ留学経験もある徹底的な個人主義者。キャリアが課長になる捜査二課(知能犯)担当が長く、一旦築地警察刑事課長となり、その後本庁捜査二課担当管理官として舞い戻り、専門を生かしてキャリアを支えつつ捜査を指揮する。

*本作の「前史」警視庁情報官シリーズは7作続きます。

 

 そして警察(公安)出身の作者が描く情報が「リアル」。時には派手な、時には些細な事件から物語は始まる。それが政界・財界・官僚・暴力団・半グレ・チャイニーズマフィア・北朝鮮ハッカー・芸能界など、業界の中の意外な人脈と内幕を、時に「爆弾を投下するように」暴露しながら、事件の「巣」を辿っていき、最後に一網打尽にする。

 4人ともだんだんと年齢を重ねていくと、ポストが少なくなっていく。表には出さないが、それぞれ心の中に、4人との競争、そして警察人生の「着地点」を探し出す。

 12作続いたシリーズの最後はほろ苦い。これだけ活躍した4人も、それぞれの人生において別々の道を歩まざるを得なくなる。但しこれが日本の「会社員」の宿命であり、それは警察官も例外でない。

 作者はこのシリーズに限らず様々な情報を暴露したため、古巣からの視線は冷たい様子。但しシリーズの登場人物は皆スマートで前向きだ。作者は事件については「リアル」に描いたが、警察官については「理想」、もしくは作者自身の「願望」を描いたのだろう

 

警視庁公安部・青山望シリーズ

 完全黙秘(2011) 財務大臣が刺殺され逮捕された男は「完全黙秘」。身元不明のまま起訴される。

 政界汚染(2012) 次点から繰上当選した参議院議員の周辺で、関係者が次々と死んでいく。

 報復連鎖(2013) 大間からマグロとともに届いた氷詰めの死体。新宿の半グレ集団との繋がりか。

 機密漏洩(2013) 平戸に中国人5人の射殺死体が漂着した。船内には元自衛官の指紋が――。

 濁流資金(2014) 仮想通貨取引所の社長が暗殺された。同時に政財界のホープが次々と不審死する。

 巨悪利権(2015) 九州ヤクザの大物の他殺体。解明を急ぐと日本を牛耳る巨大宗教団体の存在が。

 頂上決戦(2016) 新たな敵はチャイニーズ・マフィア! 悪のカリスマの裏側は中国の暗闇だった。

 聖域侵犯(2016) 伊勢志摩サミットで緊迫する英虞湾で、死体が引き上げられる。

 国家簒奪(2017) 大量の覚醒剤密輸にたずさわっていた暴力団の若頭が名古屋で爆殺された。

 一網打尽(2017) 京都・祇園祭の夜、中国マフィアが韓国の集団スリを銃撃した事件の背後には。

 爆裂通貨(2018) ハロウィンの渋谷で殺人事件が発生。背後の北朝鮮とテロの予兆を察知する。

 最恐組織(2018) 東京マラソンと浅草三社祭で、覚醒剤混入殺人事件が相次いで発生する。

*そしてこの後「警視庁公安部・片野坂彰」シリーズとして続きます。

 

 

16 SRO 1(警視庁広域捜査専任特別調査室シリーズ) 富樫 倫太郎 (2009~)

【あらすじ】

 警視庁に広域捜査を専門に行う調査室、通称SROが新設される。その構成はわずか7人の小所帯にキャリア5人が終結する。その見かけとは裏腹に、送りこまれたメンバーは何かしらの問題を抱えるものばかり。

 またSROの存続を望まない者や、従来の管轄を荒らされると危惧する者、そしてメンバーにスパイも送り込まれて、発足早々空中分解寸前となるが、山根室長が前向きに事件に取り組み、部下たちも矛盾を抱えながらも事件に取り組んでいく。

 都市伝説化したシリアルキラー「ドクター」による大量殺人の影。事件の調査で出張したメンバーが忘れた重要を届けに行った女性事務員が行方不明になり、ドクターに拉致されたと知ったメンバーたちがその正体を推理し、結束して救出に向かう。

 

【感想】

 富樫倫太郎は先に「早雲の軍配者」を読んでいたので、なぜ歴史小説作家が「畑違い」の警察小説を書くのかと思いながら読んだ。組織の設定と登場人物の配置は特殊だが、その特殊性を生かし、また最凶の殺人者である近藤房子を生み出したことで見ごたえのあるシリーズとなった。SROの主要メンバーは以下の通り。

 山根新九郎。SRO室長、39歳。日本で唯一の広域捜査選任特別調査官で警視長。父親は元東京第一方面本部長。カリフォルニア大学で犯罪行動心理学を、FBIアカデミーでプロファイリングを学び、管轄に縛られない広域捜査を行う組織の必要性を提言しSROの室長に就任した。

 芝原麗子、SRO副室長。32歳で警視正。東大法学部卒。見た目は清楚な美人だが空手2段で非常に気が強い。新設されたSROの副室長のポストを得るために異例の若さで警視正に昇進した。SROの動きを知らせるよう命じられ盗聴器も仕掛けていたが、ドクター事件を機に翻意し、仕事に邁進している。

 尾形洋輔、42歳、警視正。東大法学部卒。マル暴の刑事かと思わせるほど人相が悪い。柔道3段。警視庁刑事部への異動が決まっていたが、裏金を私的流用した上司を殴り、SROへの異動となった。警察官としては優秀だが、他にも似たような暴力事件を起こしたことがあって出世が遅かった。

 針谷太一、30歳、警視。東大法学部卒。警察大学校を出てから警察庁へ入庁。3年前婦警を人質にしていた前科多数の男を射殺し、事件解決の手柄もあって捜査一課に異動したが、翌年通り魔事件に遭遇し、再度犯人を射殺。今後は擁護する者もなく、SROへ異動となる。通称は「ハリー」。

 川久保純一、26歳、警視。東大法学部卒。学生時代からの恋人へのストーカー行為で訴えられて埼玉県警に異動。SROのスパイをすれば警察庁に戻ると言われ、SROに異動する。

 富田直次郎。58歳。税理士資格あり。総務・会計担当で普段は存在感が薄いが、元総務部会計課で警視庁全体の予算を扱部署にいた。そのため警察の裏金には精通し、詳細に記録したブラックノートを所持しており、富田を飼い殺しにするためにSROを設立したという裏事情もある。

 

 シリーズの奇数巻はシリアルキラー近藤房子を描いている。登場の際は貞淑な妻を演じていたが、山根室長のプロファイリングによって正体が暴露される。その残酷性と非人間的な性格。そしてレクター博士を思わせる人間心理学により、人知れず事件を起こすと共に、捕まってからも脱獄を図る。

 近藤房子を含めた広域的犯罪を軸に、できる女・芝原麗子の実態が「片づけられない女」なこと、尾形の外面に対して内に抱える家族の問題、針谷の華麗な家族構成などメンバーにも話を広げ、それを人生経験の長い川久保が時に啓示的な発言をする歴史小説だけでなく、警察小説でも「生活安全課0係シリーズ」を続けているが、このシリーズも今後も続きそうである。

*「シリアルキラー」近藤房子は存在感が大きく、スピンオフも出ました。

 

SRO (警視庁広域捜査専任特別調査室シリーズ)

 SRO Ⅰ  警視庁広域捜査専任特別調査室(2009)

 SRO Ⅱ  死の天使(2011)

 SRO Ⅲ  キラークィーン(2011)

 SRO Ⅳ  黒い羊(2011)

 SRO Ⅴ  ボディーファーム(2013)

 SRO episode 0  房子という女(2014)

 SRO Ⅵ  四重人格(2015)

 SRO Ⅶ  ブラックナイト(2017)

 SRO Ⅷ  名前のない馬たち(2019)

    

  *テレビでは「できる女」芝原麗子は木村佳乃が演じました。



 

15 ストロベリーナイト(姫川玲子シリーズ) 誉田 哲也 (2006~)

【あらすじ】

 水元公園内の池の近くにブルーシートで包まれた遺体が発見される。遺体には無数の傷があり、殺害された後に内臓まで穴があくほど腹部を切開されていた。その状況から捜査一課の姫川玲子係長は、遺体を運ぶ役と遺体を鎮める役が別人だったのではないかと推理する。

 池を捜索すると、推理通り更なる遺体が発見された。しかもその後、埼玉県の川から9体もの同じような遺体が発見される大事件に発展する。被害者の関係者を当たっていくうちに、姫川の部下大塚は、被害者の後輩から「ストロベリーナイト」という殺人ショーがあるという情報を得る。

 張り切る大塚は独断で捜査を進めるが、犯人側の情報に釣り出せれ、銃を撃たれて殺害されてしまう。

 

【感想】

 姫川玲子、本作品では29才。階級は警部補。捜査一課殺人犯捜査第十係(姫川班)主任。長身美麗。ブランド者を身にまとい、頭脳も明晰でノンキャリアながら、昇格試験を昇進が間に合わない勢いで次々と突破し、本庁捜査一課の係長に抜擢されている。

 天性のプロファイリング能力があり、いきなり頭の中で爆発するような回転で勘が働き、犯人の行動を見抜く。また17才の時に性的暴行を受けた過去があり、その時に接した警察官の印象から警察の奉職を志望した。

 部下は年上の男性もいるが、姫川に気があるため部下として仕える気持ちが強い。「凍える牙」の音道貴子から約10年。本庁捜査一課の係長の地位を持ち、部下がついて来られないほどの仕事人間で、男性を配下に従え捜査の指揮を行う。この10年で「女性の居場所」がはっきりした設定に変化した

 

nmukkun.hatenablog.com

 

 そんな主人公の姫川だが、本作品では主人公のアイデンティティーを打ち壊すような事件を作者は仕組んだ。まず捜査一係長としての立場。部下を抱えるも、まずその部下が犯人に射殺される悲劇に襲われる。管理者として責任を感じる姫川。

 そして殺害された大塚の相棒である北見もまた特異。相棒が殺害されたことで同様に責任を感じているが、その北見は警察高官の息子で東大卒のキャリア組。出世が約束されているのに、本人の希望で今回現場の捜査に参加している設定。こんな腫れ物のような部下がいる中で、猟奇的な連続殺人事件の捜査をしなければならない姫川は、男女の区別なく大変な状況である。

 もう一つは姫川の過去に抱えたトラウマと対峙せざるを得ない事件の内容。真犯人「エフ」は薬物中毒の義父(実母の再婚相手)に性的虐待を受けていた。そのため自分が女であることを拒絶しつつ自分を傷つけ、ついには病院に収容されてしまう。

 また不良グループの女の子と仲良くなるが、その子は別のグループに強姦された挙句殺されてしまう。怒り狂った「エフ」は犯人グループを見つけ出し、その一人をカッターナイフで切り裂いて殺害してしまう。この殺害が連続殺人の端緒となるのだが、性的暴行を受けた過去がある姫川に対して、「エフ」の心情は影を落とす。

 但し「エフ」とは別に「ストロベリーナイト」という殺人ショーを主催した人物も存在する。その人物が判明する経緯、そして「エフ」と主催者が仲間割れをする原因などは、些細なことに見えるがとてもよく考え抜かれている。作者は非常に魅力的な主人公像とその配下の「姫川班」を作り上げたが、それはこの事件から全て逆算されて造形されているのがよくわかる。最後の最後まで、目が離せない。

 それにしてもテレビと映画で映像化された主人公を演じた竹内結子は、小説から飛び出したように素晴らしい演技だった(そしてミス・シャーロックの演技も抜群!)。非常に残念です。合掌。

 

*この画が、とても強く印象に残っています。

 

姫川玲子シリーズ

 ストロベリーナイト(2006) 本作品

 ソウルケイジ(2007) 血塗れの左手首が発見されるが、死体が見つからず翻弄される。

 シンメトリー(2008) 短編集。姫川玲子は刑事として、明けても暮れても捜査の毎日。

 インビジブルレイン(2009) 暴力団員が殺害されるが、上層部は過去の失態に隠蔽を図る。

 感染遊戯(2011) 姫川斑の3人が直面した事件の裏には、ある人物の復讐劇があった。

 ブルーマーダー(2012) 骨を粉々にする殺人事件が発生し、青いマスクへの恐怖に陥る。

 インデックス(2014) 短編集。ゴリ押しで本庁に復帰して再出発するエピソード集。

 ルージュ 硝子の太陽(2016) 地下アイドルらの惨殺事件は、迷宮入り事件と酷似していた。

 ノーマンズランド(2017) 女子大生殺害事件の裏には、北朝鮮に拉致された過去があった。

 オムニバス(2021) 短編集。前作「ノーマンズランド」の事件が解決に至るまでを描く。

 

【コラム】 1票の重みと言うけれど・・・・

1 「1票の重み」はわかりますが・・・・

 民主主義は投票により民衆の代理人を選任し、選出された政治家はその民衆の付託を裏付けに政治を遂行します。この民主主義の基本である普通選挙制の権利を獲得するために、昔から多くの民衆たちが血を流しての闘争を繰り返しました。欧米の市民革命やアメリカの独立戦争、日本でも自由民権運動がありました。

 そして現在、民主主義を標榜していながらその権利が正しく民衆に伝わっていない国、民主主義を蹂躙されている国、そして権利自体が国民に与えられてない国も(あえて国名を出しませんが)存在するのはご承知の通り。そのため日本でも、選挙になると国民は民主主義の権利をありがたく受けとめて遂行し、これが将来形骸化しないようにしなければいけません。

     



2 そうはいってもどこへ投票すればいいのやら・・・・

 ・・・・と一応は思っていますが、そのことを踏まえた上で、果たして本当に1票がそれほど重いものなのか、今回の参議院選挙では特に感じています。

 私の選挙区の話ですが、与党の候補者は6年前「野党統一候補」として与党の候補者を破った人物。それが今回は自民党に鞍替えして、そのまま党公認の候補者として立候補しています。医者の資格もあり「日本の病気を治す」と前回は言っていましたが、果たして病人はどこにいったのやら。

 対して野党第一党の候補者は、子供8人を抱えて、子育て世代の代表として訴えています。「子供を生めば生むほど生活が大変になるのは、おかしいと思いませんか!」と演説していますが、私はそれがおかしいとは思わないし、個人的な事情を余り国政選挙に持ち込んで欲しくないと思っています、

 関西で勢力を増して野党第一党を目指している政党の候補者も、選挙結果は決まっていると思わないで投票して欲しいと言っていますが、それを理由にその候補者に投票しようという気持ちになりません。そしてほかの2人は、訴え自体に共感を抱くことができません。

nmukkun.hatenablog.com

*これでも応援したつもりでしたが・・・・

 

3 折角だから、もう少し建設的な議論をして欲しいのだが・・・・

 今回の選挙の争点が、安全保障から物価上昇となり、それに対して与党含めて各党は、以前も指摘した「バーゲンセール」のような、もっと言えば「他店よりも高い価格の場合はお下げします!」と謳っているチラシのような景気のいい話ばかりで、「財政の裏付けにも踏み込んだ」政策論争にまでは至っていません(共産党はさすがに論理構成をしているが、実現性は疑問)。

 そんな中で1票の格差の問題があり、そして投票率の問題がありますが、果たしてどこまで「1票の平等」が必要なのか。確かに格差が大きいと民主主義として問題が大きく、諸外国でも極力平等にするために、毎回調整を欠かせないとしています。それはそれで重要とは思いますが、これだけ「魅力のないラインナップ」の選挙戦を見せられると、1票の重みの問題も何だか小さな話に思えてしまいます。

nmukkun.hatenablog.com

*与党も与党で、身を切る改革からは遠さかつさっています。

 

4 もっと切実な問題を考えてください!

 一方で、特に国政選挙では地域代表の意味合いもあり、都道府県や市町村などの行政区分がある以上、多少の差異が生じるのは当然だと私は思っています。それよりも、行政区域によって、例えば財政赤字団体のように市民とは関係のないところで赤字を発生し、それによって行政サービスが他の地域と比べて著しく差が出る「格差」の方がよほど問題だと思っています

 JR北海道のように、経営条件が明らかに他の地域に比べて劣る地域を任されたにも関わらず、経済効率性が劣るからと職員の労働環境が悪化し、赤字路線が次々と廃止になっていくのを見ると、そこに住んでいる市民の皆さんはどう思うのか。外国基地が1つの県に集中している「不平等」に対して今後どのように対処していくのか。行政区分別に問題がある中で、果たして選挙区における「1票の平等」をどこまで優先すべきなのか、疑問に思ってしまいます。

 民主主義が発展すると衆愚政治の問題が必ず発生する、と看破したのは吉田茂ですが、果たして10年先、20年先を見据えた政治家が現在存在するのか、甚だ疑問に思います。

 ・・・・さて、今回の選挙、どうしよう?

    *「見識のある」頑固オヤジが少なくなりました。