小説を 勝手にくくって 20選!

ジャンルで分けた20選の感想をつづります。

       書評を中心に、時たま日常を語り社会問題に意見します。ネタばれは極力気をつけます。        

8 殺しの双曲線 西村 京太郎 (1971)

【あらすじ】

 東京で発生した連続強盗事件。被害者たちの証言から小柴兄弟が浮上するが、2人は一卵性双生児のためどちらの犯行であるか特定できず、警察は逮捕できない。一方、雪山のホテル「観雪荘」の主人から招待状を受け取った東京在住のタイピスト・戸部京子。婚約者の森口克郎と訪れると、同じように東京から招待された、年齢も職業も異なる男3人、女1人と合流する。

 ところが、その夜サラリーマンの男性が首を吊った姿で発見される。自殺かと思われたが、壁には「かくて第一の復讐が行われた」という言葉と、奇妙なマークを描いたカードがピン止めされていた。さらに電話線が切られ、唯一の交通手段である雪上車も何者かに破壊されていた。そしてボウリング場のピンが1本減っていた。

 

【感想】

 西村京太郎の初期作品は、江戸川乱歩賞受賞作「天使の傷跡」や、私がハマった「名探偵シリーズ」など、本格推理にこだわる作品を見せていた。本作品もその1つで、「ノックスの十戒」(双子・一人二役は、予め読者に知らされなければならない)に遵守し、「双子トリック」の開示をして、物語はスタートする。

 古典的な、人家から隔離された「クローズドサークル」となる雪山山荘での連続殺人事件。そして集められた人々の関連性も問われる「ミッシングリンク」の謎。そしてボウリング場のピンが1本ずつ減る設定は、「そして誰もいなくなった」そのもの。ただし冒頭からノックスの十戒を「挑戦的に」ぶつけている作品であり、当然二番煎じでは終わらない。

 「そして誰もいなくなった」は、圧倒的な「閉塞感」によって、読むと呼吸困難の状態になり、再読できない作品(?)となってしまった(それだけスゴい! の意味)。対して本作品は東京での強盗事件も平行して描かれるため、それがちょっとした「抜け穴」となり、何とか呼吸困難からは解放されて、作品に向かっていけた。そして最後に犯人の手記で真相解明に至る「かの名作」と違って、本作品は雪山山荘の連続殺人事件も、東京の連続強盗事件も捜査の過程があり、ミステリー色が強くなっている。

f:id:nmukkun:20211212194947j:plain

 

 2つの事件ともかなり練られた事件構成で、それが見事に交錯するさまは見事の一言。ミッシングリンク」も2つの事件と犯人の「暗く、切ない」動機に結びつく。「双子トリック」の謎も驚きの形で解明され、全ての伏線が見事に回収される。

 犯人の暗い情熱に自然と思いを巡らしてしまう一方、周到に逃げ道を作った犯人に対して、動機を踏まえた上での警察の取り調べは本作品の結末にふさわしい。本当に隅々まで考え抜かれた、箱根細工のような完成度を誇るミステリー。時まさに「清張全盛期」であり、この時代によくこんな作品を作り上げたかと、正直感動した。そして同様の作品を探しても見つからない喪失感と、受験などの理由でしばらくミステリーから遠のいてしまった。

 その間、西村京太郎は「十津川警部シリーズ」を量産する。私がミステリーの端境期から戻ってきたとき、「十津川警部」はものすごい勢いで増殖していた。そのため十津川警部シリーズは手を出せないまま今日に至っている(赤川次郎作品も同様の理由で、ほとんどが未読)。

 

↓ ↓ ミッシングリンク物、海外の名作3選です ↓ ↓

nmukkun.hatenablog.com

 

nmukkun.hatenablog.com

 

nmukkun.hatenablog.com

 

 

7 虚無への供物 中井 英夫 (1964)

【あらすじ】

 氷沼家を舞台にした連続殺人事件。ところが登場人物はミステリーマニアの集まりで、事件が起きる前から事件の真相を解明するという人物もいる始末。事件は全部で4つ(内1つは作中作)、いずれも密室内で見つかり、そして事件に対して各々(おのおの)が好き勝手に推理を行う。例えば事件は五色不動になぞっているとか、仏教や植物学、色彩学、遺伝子学、色彩学、SM、シャンソンなど様々な分野の専門知識を駆使する。被害者や遺族の悲しみを全く無視して推理合戦は続く。

 暴かれる事件の真相は皆の推理と一致するのか、そしてこれらの事件に共通する、真の犯人は誰か。

 

【感想】

 私は密室(とアリバイ)トリックが苦手なので、本作品で警察は「密室のトリックを解明する努力は効率的でない」と言っているが、全くその通りで拍手喝采。よほどの理由がないと、余り意味がないと思っている。とは言え「殺人事件は1つじゃ盛り上がらないよね~」とか「やっぱ見立て殺人は映えるね!」とか、物騒なことを言っている私も、50歩100歩。

 初読は中学生の時。ます五色不動を五行に組み合わせる「趣向」に嵌まった。なんと素晴らしい趣向かと思い、地図を広げて確認したもの(メフィスト賞作家で似たようなテーマのシリーズがありますね(^^) 大好物です)。他にも興味深い推理の披露があり、感心しながら読んだもの。ところがこれらの伏線のほとんどが回収「されない」。最初は意味がわからず、読み方が足りなかったのかと反省したほど。これぞ「ドグラ・マグラ」、「黒死館殺人事件」と並ぶ3大奇書の1つ、簡単には読者を寄せ付けない(「黒死館」は衒学趣味(ペダントリー)についていけず今回「ギブ」しました)。

 新本格派ムーブメントを作りあげた「伝説の編集者」宇山日出臣が、本作品を文庫化したい思いで、三井物産を退社してまで講談社に再就職し、のちに輩出された新本格派の作家たちが何かしらの影響を受けた作品。深淵な知識に裏付けされた見事な推理も、事件と関係ない筋だと、警察捜査では全く意味がない。では虚構(フィクション)の中ではどうなのか。最初は全く歯が立たなかった本作品だが、再読して少しずつ思い浮かぶものがでてきた。

ja.wikipedia.org

*1954年に発生した洞爺丸事故を契機に本作品が書かれた

 

 1つは、大したことのない事件を、登場人物たちが「妄想」してとてつもない犯罪と思いこむ展開。被害者や遺族の悲しみをまるで顧みず、事件や人間をただの物体のように扱う「不謹慎な」ミステリー小説というジャンルを非難しているように思える。

 もう1つは犯人の言葉。「自分さえ安全地帯にいて、見物の側に廻ることが出来たら、どんなに痛ましい光景でも喜んで眺めようという、それがお化けの正体なんだ。おれには、何という凄まじい虚無だろうとしか思えない」。これは(私のような)ミステリー読者に対する強烈なアンチテーゼである

 ネット社会の現代になると「見物の側」のシステムは当時よりも巨大で安全となり、「どんなに痛ましい光景でも喜んで眺め」そして参加さえできるようにさえ成長した。作者が本作品で指摘した問題は、現在も更に成長した形で存在している。

 しかし、例え青函連絡船で痛ましい事故が起きても、震災やコロナで多くの人が犠牲になっても、人間はその内心はともかく、日常の生活を繰り返さなければならない。そして人類は想像力を持って社会(コミュニティ)を作り、文明を打ち立て、文字を発明し物語を創作して、進化を続けて現在に至っている。それが故に虚構(フィクション)を否定することはできないと私は考える。「私は人間であることをやめない!」(漫画「沈黙の艦隊」に登場する大滝淳議員の言葉)
 そんな「凄まじい虚無」に対しての「供物」。アンチ・ミステリーの代表を言われる本作品だが、廻り回って人々が「凄まじい虚無」という現実を生きるための「指針」のようにも思える。

(書き始めたら、当初思っていたことから、どんどん離れていってしまった。これもアンチ・ミステリーのパワーなのか?)

  f:id:nmukkun:20220112193135j:plain

 かわぐちかいじ沈黙の艦隊」より



6 太陽黒点 山田 風太郎 (1963)

【あらすじ】

 昭和30年代後半の東京。才気に満ちた美貌の苦学生・鏑木明はアルバイト先の屋敷で社長令嬢・多賀恵美子と出会い、偶然にも特権階級への足掛かりを手にする。ところが令嬢・恵美子の天衣無縫な性格と行動に翻弄される内に惨めな気持ちになっていく。献身的だが平凡な恋人・容子を捨て、仕事場からは借金をするようになり生活は荒れていく。そして金持ち連中への復讐を企て始める。

 「誰カガ罰セラレネバナラヌ」

 この言葉によって物語は進み、そして予想外の結末が訪れる。

 

【感想】

 高度経済成長のさなか。「もはや戦後ではない」が、貧富の差がまだ激しい時代。そして自身の青春を戦争で失った世代と、「戦争を知らない子供たち」が共存していた時代。そんな時代「だけ」が、そして「明治断頭台」や「妖異金瓶梅」などの作品を生み出した山田風太郎「だけ」が、こんな本を生み出すことができる。それは横溝正史の「獄門島」のように、時代の要請が生み出したものとしか思えない。

 本作品の素晴らしさは最終章で起きる物語の「反転力」。これに匹敵するのはカーの「火刑法廷」か、やはり(やはり?)クリスティーのミステリーには収まらない傑作「春にして君を離れ」くらいか。

 

nmukkun.hatenablog.com

 

nmukkun.hatenablog.com

*最終章で物語が強烈に反転する「大御所2人」の傑作。

 

 あらすじでは何が何だかわからない物語。そしてこれ以上何を書いても「ネタバレ」になる作品。何を書こうかと思って気がついたのは、たとえネタバレで書いても、本作品の面白さを伝えられないこと。ミステリーとは大抵そういうものだが、本作品は特にそうで、文庫本で286ページの全てを読まないと意味をなさない。そこで私の頭に思い浮かんだ「空想」、戦争が巻き起こす戦略と戦術についてを記す。

 まず思ったのは、フレデリック・フォーサイスの名作「イコン」。ソビエト崩壊後のロシアに出現した救世主が、実はファシスト主義でナチスの再来を思わせるような存在であることに気づき、イギリス元MI6の「スパイ・マイスター」がその野望を阻止するために使った手段。優秀なスパイをリクルートした上で、「緩やかな包囲網」を巡らして徐々に相手の活動に支障をきたすように仕向ける。そして最後には破滅に追い込む、いかにもイギリス人が好みそうな思考法。

 そして妄想は飛ぶ。そのイギリスが「やらかした」三枚舌外交。第一次世界大戦中にオスマン帝国の勢力を削ぎ落そうと、アラブ・ユダヤ・フランスとそれぞれに甘口で誘い、現在まで続く世界情勢の混乱を招いてしまった。外交とは相手があり、何事も思い通りにはいかない。

*母国イギリスの「三枚舌外交」で裏切られ、愛するアラブから追われた主人公を描く。

 

 主人公が読んでいた「ビスマルクから世界大戦まで」は、ドイツ外交の見事な手腕を描いているようだが、疑問もある。まずビスマルクは「鉄血宰相」であったこと。外交も力を背景にしないと効力は発揮しない。イギリスの三枚舌外交も、大英帝国の全盛期ならばこれほどの混乱に至らなかったはず。

 第2はその効果。ドイツ外交が日露戦争を招く一端と書かれているが、そのドイツや日本はどのような結末に至ったか。対戦は油断を生み、次戦の敗戦を招く。武田信玄の名言「戦いは五分の勝利をもって上となし、七分と中となし、十分をもって下となる。・・・十分はおごりを生ず」に通じる。

*本作品の「指南書」と言える作品です。

 

 本作品でも触れているが、昭和の日本軍隊は「図上演習」で100戦100勝だったという。客観的なデータでは敗戦になる戦闘が、精神力や「予想外の事態」が起きて日本軍は必ず勝利する結末になったという。「昭和16年夏の敗戦」は隠蔽される。これでは演習でなく、現実逃避である。

 ・・・・と、本作品を読んだ人でもなんだかわからない感想になってしまったが、物語が「反転」した後でいろいろな妄想が頭の中を巡る作品。ミステリーの枠に収まらないノワールであり、そしてある意味「純粋な」青春小説でもある

*元東京都知事が著した「既に決まっていた」敗戦の物語。

 

 

【コラム】 時代は「巡」る

 年末年始には日本では収まっていたコロナ。外国では急激な患者の増加が報道されていて、いずれ日本にもと思っていましたが、ここ1週間で急激に患者数が増加し、強烈な第6波が「巡って」きてしまいました。

 またまた「巡って」きた波に肩を落とす旅行業や飲食業の方々もたくさんいると思います。「コロナ特需」によって増収増益を記録している企業もあるようですが、社会および経済全体を包む閉塞感は否めません。なんとかコロナによる負の連鎖を昨年で断ち切って欲しかったのですが、今年もまた続きそうです。

 そこで、私が選ぶ今年(1月まで)の漢字は「」とさせて頂きます。

 コロナの感染が始まってから2年経とうとして、当時の過剰なコロナ対策から、日常生活も「ウィズ・コロナ」で対策が緩くなってきたためか、新型コロナの感染力の強さもあって、感染者が今までにない増加傾向にあります。また免疫力も全体の6~7割を超えて免疫力を持てば集団免疫は完成すると言われていますが、「変異株」もありそう簡単にはいかない様子です。そのためワクチンを打っても「巡り巡って」新たな波が訪れてしまいます。

    f:id:nmukkun:20220122085755j:plain

 このコロナ禍、考えるとおよそ100年前のスペイン風邪と比較されます。世界大戦による人の流動もあり全世界的に広がり、そして「全員抗体」により3年かけてようやく収束したと言われた猛威。当時の世界人口のおよそ3分の1が感染し、1億とも言われる人が亡くなった大きな影響を与えたパンデミック。そして歴史は過去にコレラ、ペストなどのパンデミックも「巡って」きたことを記しています。

 その原因はわかりません。それは人類を始め様々な生物が生れた歴史と同じように、新たなウィルスが生まれるのでしょうか。様々な遺伝子から変異して生まれる新しい生命体。これも地球が何億年をかけて「巡って」きた歴史の1現象なのでしょうか。

 

 f:id:nmukkun:20220122085825j:plain  神戸新聞NEXTより

 

 「因果は巡る」という言葉もあります。因果応報と同じ意味と言われていますが、意味は自分の行ないは必ず自分の元に返ってくるという意味で、字面のためか「自業自得」や「身から出た錆」と同じように悪い意味に受けとめがちですが、仏教用語で「善因善果、悪因悪果」から来ている言葉。よい原因はよい結果を導き、悪い原因は悪い結果を導く。よい行いはよい果報をもたらし、悪い行いは悪い果報をもたらす、と良いことも悪いことも合わせて使われるそうです。英語で表現する

 “What goes around comes around” (自分の行いは、いずれ自分に返ってくる)

のニュアンスが、意味が近く感じます。

 こんな閉塞感が包む社会に対して、絶望し、そしてやるせなさを感じる方々もいらっしゃると思います。けれども今回のコロナ禍も過去の人間の、そして生物の歴史で「巡って」きた現象の1つ。いつかは収束し、新たな良い社会が作り出されるのも、人類が「巡って」来た因果の歴史です。今回もそうであることを信じたいものです。

 そしてこの絶望から再生へと「巡る」想いは、およそ半世紀前、1人の天才に降りてきた歌にも表われていると思います。

 

 めぐるめぐるよ 時代はめぐる  別れと出会いを繰り返し

 今日は倒れた旅人たちも    生まれ変わって歩き出すよ

          中島みゆき「時代」 1975年

 

www.youtube.com

You Tubeでみゆきさんが歌っているのは1番だけですが、やはりこの曲は本人で

 

今週のお題「現時点での今年の漢字