小説を 勝手にくくって 20選!

ジャンルで分けた20選の感想をつづります。

       書評を中心に、時たま日常を語り社会問題に意見します。ネタばれは極力気をつけます。        

10 銹色の警鐘 渋沢 和樹 (1997)

  Amazonより(中央公論社

 

【あらすじ】

 東洋新聞社の記者井伏洋介は謀略に巻き込まれていた。身に覚えのない大麻所持で逮捕されて、犯行を否認したまま2年半、容疑否認のまま公判が続いている。社内では好奇心の視線にさらされて、肩身の狭い立場で事実上の左遷となっている。そんな中、町工場を経営して蒲田から長野に移転した父から、新たに立ち上げるプロジェクトの取材を依頼されて工場に赴く。しかし、そこは父が殺害された現場だった。

 前歴もあり、父殺害の容疑者とされる洋介。自身の潔白を証明するためにも自ら調査を進めるが、そこで父の協力者から「プロジェクト・AKIKO」という次世代型PDA(携帯情報端末)を開発するプロジェクトの存在を知らされる。そしてこのプロジェクトを阻止しようと、アメリカと台湾で謀略が巡らされ、洋介は身の危険に晒されることになる。

 

【感想】

 「小説・半導体戦争」ではRAM(Random Access Memory)とROM(Read Only Memory)について説明したが、今回のテーマはCPU(Central Processing Unit)。中央演算処理装置とも、マイクロプロセッサともいうこともある。簡単に言えばコンピュータの頭脳だが、マウスやキーボードなどの「指令」を、RAMやROMなどから情報を取り出して、ディスプレイなどに表示したり、改めてRAMやROMに情報を格納するなど、制御と演算を担当するというのが「乱暴な文系的」説明。

 半導体による日米貿易摩擦は80年代がピークだったが、その後コンピュータの製造は、労働力が日本よりも低廉なアジア諸国に移り、半導体の生産地はアメリカからアジアに移った。その中でも当時は台湾が製造工場として有名で、半導体の生産で日本を凌駕した韓国も、台湾を中心としたアジア諸国に輸出を行い、半導体を巡る「勢力図」は10年で様変わりとなった。ちなみにゴルゴ13で、台湾におけるコンピュータの違法コピーを大量生産したことに対してアメリカ側が制裁を加える「黄色い害虫」を描いたのは1989年。ゴルゴ13はどの分野でも時代の先端を描いていることに改めて驚く。

 その中でもCPUはインテル社の1人勝ちが続いていた。RAMやROMは汎用性が効くが、CPUに関してはなかなかインテル製の代替製品の製造は困難で、当時は追い込まれた大国アメリカの「最後の希望」とも言えるものだった。この牙城にクサビを打ち込もうとするのが日本の町工場という設定。製造業の「くくり」でも触れたが、当時は産業空洞化が叫ばれた時代。蒲田の糀谷地区を中心とする技術集積地帯に存在していた町工場が、片や海外に、片や地方にと移転していった問題も含めてこの作品は描かれている。

 

nmukkun.hatenablog.com

*モノづくりの象徴、大田区の町工場を舞台に描いた作品です。

 

 作者の渋沢和樹(本名は渋沢和宏)は当時の日経マグロウヒル(現日経BP)に入社し、経済記者としてスタートし、日経ビジネスの編集者を経て日経ビジネスアソシエの初代編集長として活躍した。本作品の主人公を新聞記者としたのも身近な存在だったのだろう。そんな中でバブル崩壊後、産業空洞化が叫ばれていた当時の大田区の町工場の「惨状」を、日経ビジネスの記事で読んだ記憶がある。「空洞産業」でも触れたが、私は糀谷の町工場は思い入れがあり、その様子を「銹色の街」という表現で克明に描いているのを、興味深く読んだ(但し、「謀略」の話はちょっとなじまないかも・・・・)。

 当時の携帯の「アメリカを脅かす」画期的な製品が、大きさが文庫本サイズ、重さは350グラム。メモリは標準で32メガバイト。カード2枚搭載して、会わせて1Gバイト。これで当時最先端だった台湾のROMに対抗するという。今から見ると、「賞味期限」切れとも言える話だが、当時は極めて最先端な話。

 蛇足だが、作者は高校時代、ワタミの渡邉美樹と同窓だったという。

 

nmukkun.hatenablog.com

 

 

9 覇者の誤算 日米コンピュータ戦争の40年 立石 泰則 (1993)

【あらすじ】

 コンピュータの黎明期から、IBMがその業界を支配していた40年間。海外のライバルメーカーが次々コンピュータ事業から撤退を余儀なくされた中で、唯一IBMの支配から逃れて国産メーカーが生き残り、逆にIBMからシェアを奪う成長をみせた日本。その違いは何か。コンピュータ発展の歴史を日米で描きながら、その理由を探るノンフィクション。

 

【感想】

 何とも密度の濃い1冊。専門用語のオンパレードでもあり理解できない箇所もあるが、当時夢中で読んだもの。「電子立国・日本の自叙伝」を観ていたので、ストーリーにはなんとかついて行けた。なぜ夢中になって読んだのか。それはコンピューター業界が当時「戦国時代」で、天下統一の途上だったと思ったからだろう

 まず「IBMの息子」トーマス・J・ワトソン・JRによるIBMが、コンピュータ業界に進出して支配するところから始まる。技術力もあるが、営業至上主義のIBMは「政治力」も駆使して、ライバル会社を傘下に収め、または打撃を与えて業界の「ガリバー」となっていく。

 

nmukkun.hatenablog.com

 

 対して日本は、諸外国が「小人」だった時代に、敗戦直後で小人でもない「モスキート(蚊)」の存在でしかなかった。そこでまず1つ、官僚たちの夏佐橋滋と、その部下で後に「一村一品運動大分県知事になる平松守彦が窓口になり、「タフ・ネゴシエーター」IBMと交渉を続け、ギリギリのラインで政府の保護を進める。また国内メーカーにも保護を進め、乱立している国内メーカーを集約してグループ化して、政府から支援を与えている。

 第2に、技術を開発する「人」の問題。「IBMを震え上がらせた男」池田敏雄を中心とする国内メーカーの技術者たち。危機に陥るタイミングで現われて、「個人の意気込み」によって、文字通り命を削って研究開発に努め、IBMに対抗していく。

 

nmukkun.hatenablog.com

 

 ところがその連携にズレが生じてくる。敗戦後間もなくは、官、民、そして個人とベクトルが一致していたが、高度成長を経て官は「ノトーリアス・ミティ(悪名高き通産省)」と外国から叩かれる。企業は力を蓄え国の束縛から離れようとする。そして日本の組織も、佐橋滋や池田敏雄のような「異色官僚(佐橋滋の自伝の名)」や「天才」を受け入れる余裕がなくなり、協調性のある「歯車」を求めるようになる。

 一方でIBMは、巨人となったことで、国から独占禁止法違反で訴えられる「足枷」を受ける。少しの譲歩と和解などでくぐり抜け、「IBM互換機」が世界の主流として定着して「覇者」が再度君臨、反撃にでる。1982年、おとり捜査による「IBM産業スパイ事件」が発生した。これはIBM互換機が市場を制覇していたからこそ起きる事件。日立は産業スパイ事件の後和解するが、ソフトウェアに関する秘密協定があったことが報じられている。また、池田亡き後の富士通はIBMが著作権法違反で訴えようとしていることを察知して日立と同様の協定を結び、「軍門に降る」。

 ところが「巨人」IBMも、その後のパソコンの価格破壊に翻弄されて「高転びに落ちる」。時代は急速に変化し、「ウィンテル」が新たなガリバーとなって、ついにはIBMをも見下す存在になっていく。

 コンピュータ業界の栄枯盛衰を見事に描いた見事なノンフィクション。なお以下は蛇足。作家立石泰則は元々文藝春秋の編集者だが、30歳のとき急性胆嚢炎で入院して以来、入退院を繰り返していた。そんな立石を心配して、週刊誌記者を辞めて独立を進めた人物が同僚の白石一文と、本作品のあとがきに書かれている。

 白石自身もパニック障害に陥り、作家との二足のわらじを履いていたが、結局退社した。その後の活躍はご存じの通り。

 

nmukkun.hatenablog.com

*そしてこの作品に多大な影響を与えたと思われる、「日米自動車戦争」を描いた傑作。

 

8 電子立国・日本の自叙伝 相沢 洋 (1991)

【あらすじ】

 

第1回 新・石器時代 ~驚異の半導体産業~

 現代エレクトロニクスを支える電子部品の材料となる高純度のシリコン・ウェハーを作る過程、そして、ウェハーに電子回路を焼き付けていく過程を、実際のDRAM(Dynamic Random Access Memory)工場内部の製造ラインの映像を交え、最先端の技術を描く。

 

第2回 トランジスタの誕生

 一転して黎明期からの苦労話になる。ベル研究所トランジスタが開発されて以降、量産に難航したトランジスタが大量生産するに至るまでのエピソードを紹介。日本企業が初期の頃、トランジスタ製作に悪戦苦闘するエピソードは、余りにも牧歌的。

 

第3回 石になった電気回路

 2000年にノーベル物理学賞を受賞したジャック・キルビー、共同開発者でインテルを設立し、「シリコンバレーの主」と言われたロバート・ノイスなど、当時の伝説的な科学者が発明した、トランジスタ集積回路を取り上げる。両名のインタビューなど、貴重な映像も残されている。

  

 *「シリコンバレーの主」インテル創業者の1人、ロバート・ノイスウィキペディアより)

 

第4回 電卓戦争

 カシオのリレー式、シャープのトランジスタ式、テキサス・インスツルメンツ社のLSI式電卓。50万円を超えていた価格が短期間で1000円前後まで下がり、机の半分ほどの面積を占有していた大きさがカードサイズになるまで安く・小さく、そして大量に生産される過程と、その技術が後に集積されて日本が発展する礎になる様子を描く。

 

  *樫尾家の兄弟の活躍を描く自伝

 

第5回 8ミリ角のコンピューター

 電卓用LSIの開発を契機として、日本計算機(ビジコン)社員で「マイコンの父」と呼ばれた嶋正利らにより共同開発された「Intel 4004」などのマイクロコンピュータが誕生した様子と、その発達を描く。

 

第6回 ミクロン世界の技術大国

 半導体製品を支える、チップの切断機械(ダイシングソー)、リードフレームの製造技術などの最先端の技術を、当時極秘で立ち入り禁止だった最新鋭の工場を取材して紹介する。

 

 

【感想】

 書評のブログで恐縮だが、本作品は是非映像で観てもらいたい(一応、NHK出版から書籍化もされた)。「アメリカの物真似」と非難された日本の半導体技術だが、物真似だけではない、日本独自の技術と「モノづくり」の精神が技術者の中に脈々と息づいている様子が強く感じられる。また【あらすじ】に挙げた人物以外にも、西澤潤一を始め、貴重な人物のインタビューもたくさん挿入されている。

 

  

 *「ミスター半導体」元東北大学総長 西澤潤一(NHKより)

 

 そして取材をした相沢洋ディレクターがいい。黒い肘あてをして、30センチ物差しを持って、「がらっぱち」な口調で説明している様子は、この最先端の技術を紹介する番組に、妙にマッチしていた。

 この年にバブルが崩壊して、家電業界はその後、想定外のスピードで凋落していく。かつて「アメリカの猿真似」と言われて追いつき追い越せで進んできたのが、いつの間にか新興国に技術で追いつかれ、コストの面で劣勢に立ち、この頃のアメリカの立場になっていた。そんな未来が待ち構えているとは誰もが思わなかった時に、人々の努力が報われた「坂の上の雲」の時代を熱く描いた