小説を 勝手にくくって 20選!

ジャンルで分けた20選の感想をつづります。

       書評を中心に、時たま日常を語り社会問題に意見します。ネタばれは極力気をつけます。        

8 戦国の鬼 森武蔵 鈴木 輝一郎(2007) 

【あらすじ】

 織田信長を若い時から支えた森可成とその嫡男は、浅井長政の裏切りによって、相次いで戦死する。残されたのはまだ13歳の次男、森長可。法要に来た木下藤吉郎は、しんがりを務めながらも親子を救えなかったと号泣するが、長可は藤吉郎が、森家の家臣団を奪おうとする「猿芝居」と感じる。しかし若い自分が家督を継ぐには芝居が必要と思い、大人たち5人を一気に倒す姿を見せつけ、周囲を心服させる。

 

 15歳で長島一向一挟攻めに参陣して初陣を飾る。そこで長可は信長の長男、織田信忠から「比叡山の如くせよ」と命じられる。一向門徒であった母の思いを振り払いながら、長可は家臣の先頭に立って「撫切り」を行なう。余りにも苦い初陣の経験。そんな戦塵の中で槍を借りたのは池田恒興。慈父のような性格は、戦場ですさんだ長可の心にしみわたった。

 

 長篠の戦い武田勝頼を破り、一息ついた織田信長は長可に婚礼を命じる。相手は運命ともいうべき池田恒興の娘だった。婚礼は家中へのお披露目となり、家臣たちは無礼講となって大騒ぎをしている。そこで長可の弟蘭丸は、信長の得意な「敦盛」を舞う。その見事な舞と謡いで、無礼講の騒ぎは完全に白けてしまった。秀麗な容貌に頭脳にも秀でている弟の蘭丸だが、長可は人から尊敬されても、好かれる存在にはなるまいと痛感する。その蘭丸は、13歳で信長の近習に取り立てられる。

 

 長可は武田征伐で信忠軍の先鋒として高遠城を攻める。「鬼武蔵」らしい強引な攻撃で陥落させ、その戦功から信長から恩賞として、信濃川中島20万石を与えられる。しかし旧領の美濃金山は弟の蘭丸に譲された。18歳の若さで信長に寵愛される蘭丸には、命を張る武将たちから嫉妬の声が伝わる。長可は信長の前で弟の蘭丸に「そなたへの雑言は、兄の槍にて消してやる。惑わされずに御奉公いたすように」と語る。

 

 川中島一帯を領地とした長可は、大規模な一揆を「撫で斬り」にして鎮圧する。しかしその時本能寺の変が起き、一転森長可は窮地に立たされた。圧制の反発で信濃の国衆が長可を裏切る中、長可は何とか信濃を脱出した。

 

  *「鬼武蔵」森長可ウィキペディアより)

 

 本拠地の東美濃に帰還した後は、姑の池田恒興と共に羽柴秀吉に従い、賤ケ嶽の戦いの際は、織田信孝に圧力をかけて勝家と分断した。秀吉と織田信雄徳川家康連合軍との間で戦が勃発した際には、長可は小牧山の占拠を狙うが、そこには長篠の戦い武田勝頼の軍勢にわずか500騎で耐え抜いた奥平信昌が待っていた。森・池田軍の3分の1程の軍勢ながら巧みに兵を操り、森軍は敗走してしまう。

 

 長可は遺書を用意して決意を示すが、秀吉は不用意とたしなめる。父の法要で号泣したのは、秀吉が本当に後悔していたと知った長可に、甥の秀次を支えて徳川軍に中入りする機会を与えられる。しかし中入り部隊を叩くべく家康も動いており、池田隊と森隊は取り残された形となっていた。井伊直政の軍と激実して奮戦するも、鉄砲足軽の狙撃で眉間を撃ち抜かれ即死した。享年27歳。

 

【感想】

 秀吉の「千慮の一失」小牧長久手の戦いからもう1人、先に挙げた池田恒興の婿となる「鬼武蔵」森長可の物語を取り上げた。長可は「乱丸」の兄にもあたる。

 織田信長から「武蔵坊弁慶の再来」と言われ「鬼武蔵」と称された森長可。その名の通り気性の激しい人物で、奉公人を些細なことで怒りに任せて槍で突き殺したり、同僚に暴言を吐くなどの諍いを起こすことも度重なったらしい。そして戦でも度々軍規違反を犯したが、命令違反には厳罰の印象が強い信長も、長可に下される処分は口頭や書状での注意に留まり、龍愛ぶりが窺える。

 

 これは先に取り上げた弟 「乱丸」でもそうであったが、父と兄が信長のために若くして亡くなっていると共に、当時高名な美少年で衆童の噂も高かった「乱丸」と同じ両親で生まれたこともあり、長可もかなりの美少年であったことも理由の1つか。そのためか20代で最大の領土を有することにもなっている。但し小説「乱丸」では兄長可は弟から見ると煙たい存在に扱っているのが面白い。

 最初の法要の時と、最後の小牧長久手の戦いでしか接点のない秀吉だが、長可だけでなく森家の弟たちも良く見て、その資質を評価するなど、まだ戦場での槍働きをしている長可と比べての格の違いを示している。秀吉の言う「一流の人間は、奥が深い」は、信長在世期では決して口に出さない言葉であり、天下人目前の自信が感じられる。

 ところがこの小牧長久手の戦いで、長可が小牧山の戦いでつけいる隙を与えてしまい、挽回のために行なった中入りで家康の名をせしめたことが、豊臣家にボディーブローのように効くことが、当時秀吉も長可も気づかなかっただろう。

 

   *そして森家の物語は、長可の子忠政に続きます(Amazon

 

 長可は「人問無骨」の銘が彫られた二代目和泉守兼定之定)作の十文字槍を愛用して戦場を駆け巡る。「人間無骨」はこの槍の前では「人間の骨など無いも同然」という鋭い突き味を持っていた事から名付けられた。「之定」の刀は武田信玄細川藤孝ら数多くの名将が保持したほか、新選組土方歳三保有していた。

 

 よろしければ、一押しを <m(__)m>

 

7 信長さまはもういない(池田恒興) 谷津 矢車 (2016)

【あらすじ】

 織田信長と乳兄弟で幼馴染み、子供の頃から一緒に「傾いた」乱暴者だった池田勝三郎恒興は、信長の命ずるままに織田軍の「牙」となって戦いを繰り返していた。しかし信長は自分で判断しない恒興に不満を持ち、姉川の戦いの後信長が書いた「覚書」を渡して、信長の考えを理解するように命じる。しかし文字を読むことが苦手な恒興は、時々めくった頁に目を通すのみ。

 

 そんな信長が本能寺の変で死んだ。今まで恒興は命令に従うのみで、自分で考えることができない。信長に反逆した明智光秀を許すわけにはいかないが、大坂に陣を張る丹羽長秀は、旧友の津田信澄を光秀の婿をいう理由で殺害していて、素直に従う気持ちにならない。紛糾する評議の中、恒興は信長の覚書を取り出して開いた頁には「今の趨勢わからぬうちは動く事なかれ」と書かれていた。そこで次男三左衛門に情報収集を命じ、残りは英気を養う方針を伝える。嫡男之助は父に感服し、中国大返しから戻って訪れた秀吉軍の蜂須賀小六は、堂々とした恒興を見直す。

 

 秀吉が畿内に戻ることで味方が集う。それでも秀吉にも良い印象がない恒興は信長の覚書に頼ると、「戦之勝ち負けは兵の多寡のみが決す也」。そこで秀吉軍に味方することにするが、戦場では丹羽長秀を嫌い離れた場所を希望する。しかし主戦場の状況がわからない。本陣につけた次男の三左衛門から、戦いが激しく本陣が混乱していると中途半端な連絡が入る。困惑しながらも陣を進めると、それが奇襲の形となって戦いを制するきっかけとなり、秀吉からは織田家の宿老職を推薦されることになる。

 

 恒興の働きで山崎の戦いを制した秀吉は、清洲会議織田家のその後を自分の有利に進めようとする。旧友でもある柴田勝家は三男信孝を、秀吉と丹羽長秀は二男信雄を後継にしようと画策する。どちらにも決めかねる恒興が頼った覚書には「筋目が第一の要也」と書かれていた。織田家家督は既に信長から長男信忠に譲られていた。その信忠も亡くなった以上、その子の三法師が筋目のはず。恒興の意見に秀吉も長秀も乗り、柴田勝家の野望を挫くとになった。

 

  池田恒興ウィキペディアより)

 

 賤ヶ岳の戦いで勝家を破った秀吉が天下人に近づく。しかし織田家への仕置きに恒興が納得できない中、家康との戦いが勃発する。迷った末に秀吉に加勢するが、恒興の婿森長可は緒戦の失態を挽回するために、家康軍へ中入りを命がけで志願し、嫡男の之助もこれに従う。秀吉はそれを許し、恒興は危険な賭を行なう嫡男と婿を助けようと従軍するが、徳川勢に囲まれ窮地に陥る。

 

 困った恒興が覚書を思い出し、最後の頁をめくるとそこには「焼けた鉄斧の柄を握るべし」と書かれていた。それは子供の頃にあった、選ぶときは神様などに頼らず自分の肚で考えよ、という信長の教えだった。ようやく信長がこの覚書を渡した真意に気が付いた恒興は、そのまま徳川勢に攻め込み、壮絶な最期を遂げた。

(なお、覚書の「」内は、作中ではひらがなではなくカタカナ表記されています)

 

【感想】

 タイトルには「信長」が入っていて、最後まで織田信長の史実が挟み込まれているが、内容は本能寺の変から小牧長久手の戦いまでの期間でもあり、本作品は「秀吉編」に組み入れた。池田恒興織田信長乳兄弟で信長の主要な戦いには全て参陣して、無尽の働きで活躍した。しかし槍働きは優れていたが、柴田勝家丹羽長秀、そして新参の光秀、秀吉、滝川一益のような「宿老」にまではなれなかった。

 槍働き以外で注目を浴びたのは信長死後。信長の乳兄弟という出自が戦いの「御旗」となったようで、特に秀吉は味方に引き入れることに細心の注意を払い、最大限の敬意と「恩賞」を与えた。山崎の戦い清洲会議柴田勝家織田信孝との戦いと続く中、池田恒興を味方につけることで、ほかの武将も秀吉に参じる「理由付け」となる存在になった。

 そんな池田恒興は、織田家の内紛が収まったタイミングで小牧長久手の戦いが起き、そこで嫡男之助、婿の森長可とともに48歳で戦死する。秀吉にとっては、賤ヶ嶽の戦でなくなった中川清秀とともに、役割を終えた後の「うるさ方目」でもあり、ここでも秀吉の「強運」を感じる。

 本作品で恒興から「何を考えているのかわからない」とされた次男の三左衛門(輝政)。血気盛んな福島正則から喧嘩を売られて、父恒興から喧嘩の極意を教えられたにも関わらず、理由がわからないとして相手にしない。恒興は物足りなく思っていたが、父と兄が亡くなったことにより、家督を継ぐことになる。

 

  

 *「何を考えているのかわからない」池田輝政は、姫路城を築城して建築、美術の分野で足跡を残し、孫の池田光政閑谷学校を創設し、学問上でも名を残すことになりました(ウィキペディアより)。

 

 その後秀吉と家康が和睦した際の「象徴」として、正妻が亡くなったあと家康の娘を嫁に貰い、その後は家康に従い続ける。関ヶ原の戦いでは岐阜城攻めで「因縁の」福島正則との先陣争いをするが、福島正則に功を譲り、諍いのタネを避ける人格者でもあった。

 そんな性格が家康に信用されたのか、徳川幕府でも特別扱いとなり、姫路を与えられて現在の姫路城を築城。そのあと備前岡山藩に転封となるが、同時に家康の娘から生まれた子には別に因幡鳥取藩が与えられて、池田家で合計100万石を領するほどの厚遇を受けた。

 

 

 

6 賤ヶ嶽 岡田 秀文(2010)

   *Amazonより

 

【あらすじ】

 織田信長が本能寺で明智光秀の手によって討たれ、家臣たちは決断を迫られる。

 

 中国地方の覇王毛利家と対時していた羽柴秀吉は、頭を切り替えて毛利と和議を結び「中国大返し」で明智光秀を山崎の地で破り、信長の後継者として名乗りを上げた。当時大坂にいた信長の三男信孝丹羽長秀は、兵の逃亡もあり光秀を攻められず、秀吉に合流して何とか敵討ちに参加する。そして畿内大名の中川清秀高山右近筒井順慶なども光秀から秀吉にと鞍替えを決断した。

 

 謙信亡き後の上杉家と闘っていた柴田勝は、すぐに畿内に戻ることができなかった。武田家滅亡後間もない甲斐では、本能寺の変の報が届くや地元で一揆が起きて、甲斐では原田直政が血祭りにされた。関東管領に任じられた滝川一益は、北条に攻め込まれて身1つで逃げる。

 

 敵討ちを成し遂げた秀吉は、そのまま天下人を目指す。清須会議では様々な噂を流しつつ、当日の会議では隠し玉を用意して、対抗する柴田勝家らの思惑を退けた。領地割譲では京を中心に10か国を認めさせるなど会議を自在に繰る。鼻づらを引きずり回された形の柴田勝家織田信孝は最後の手段として秀吉暗殺を決意するも、秀吉は見事に察知して逃げられてしまう。

 

 その後も秀吉の調略は冴えわたる。勝家が本拠とする越前が雪深い冬を狙って、勝家に譲った近江長浜城を手中に収める。挙兵した織田信孝に対しては、人質である母と娘を殺害する思い切った手を打ち、降伏させる。領地を伊勢一国に抑えられた滝川一益が挙兵する中、ついに越前の柴田勝家が大雪を掻き分けて進軍してきた。

 

  柴田勝家ウィキペディアより)

 

 賤ヶ嶽に築いた柴田勝家の陣は思いのほか強靱で、両軍睨みあいの状態が続く。そこへ一度は降伏した織田信孝が再度挙兵し、秀吉は美濃へ応戦する。大将不在を知り好機と見た勝家の家臣、猛将佐久間盛政は、秀吉軍の中軸に激しい「中入れ」の攻撃を行い、戦上手の中川清秀を打ち取る勝利を挙げる。勝家はすぐに軍勢を引くよう念押ししたが、盛政は更に戦果を拡大しようとして、撤退の命令に従わなかった。

 

 一方美濃に出向く予定が、大雨で足止めを食っていた秀吉は、「中入れ」の報を聞いてこれが好機と、「大返し」を行う。秀吉軍が戻るのに2日はかかると踏んでいたが、わずか5時間で戻ったことを知り、佐久間盛政は不利を悟る。日中の戦闘での疲労が残る中、粛然と撤退をする佐久間軍に対し、秀吉軍は攻め口を掴めない。しかし、あと一歩と言うところで、佐久間軍を助ける位置にいた前田利家が、陣を退いてしまい、柴田軍は総崩れに陥った。

 

 敗走した柴田勝家前田利家を責めず、秀吉に仕えるよう進言する。自分は北の庄に戻り、再婚したばかりの市と城を枕に自害して、茶々を始めとする3人の娘を秀吉に託す。織田信孝は再度降伏するが2度目は許されず、「暗愚」と軽んじていた兄弟の信雄から、自害を迫られる。

 

   *佐久間盛政(建勲神社

 

【感想】

 司馬遼太郎の名作「関ケ原」は、豊臣秀吉薨去したところから始まったが、同じく天下分け目の戦いを描く「賤ヶ嶽」は、織田信長本能寺の変で討たれるところから始まる。そして「関ケ原」と同じように、戦争に至るまでの秀吉と柴田勝家の知略合戦が物語の大半を占める。

 その中で勝家が秀吉の敵を調略するのに対し、秀吉は更に大きく、その後の天下の仕置きも考えて策略を巡らす。京洛は秀吉の人気で信長の治世を忘れさせ、自分の敵は静観させて、勝家の敵は更なる憎悪を掻き立てるようにと、秀吉は知恵を巡らしていく(まるで昭和の田中角栄の天下取りの手法💦)。

 この辺は「関ケ原」前に徳川家康が巡らした知略と似ている、というよりも、家康は秀吉を見習い、そして研究したことであろう。黒田官兵衛柴田勝家を謀略で殺害することを献策した時、秀吉はその後の仕置きを考えて、光秀の二の舞になるようなことは御免だと考える。同じように徳川家康も「武断派」によって襲われた石田三成が徳川屋敷に避難した時に、謀殺はせずに三成を生かして、後に戦いで決着することを選んだ。

 秀吉、家康ともども、天下を取るには謀略では効かず、最後は自らが表に出て雌雄を決しなくては「世間」が納得しないことを知っていた。そして戦に勝つ要因として、関ヶ原での小早川秀秋の役割を、賤ヶ嶽では前田利家が演じている。

 そして戦いの「中入れ」も興味深い。佐久間盛政が強硬に主張して柴田勝家が渋々評した「中入れ」。これが柴田勝家の敗因となるが、小牧長久手の戦いでは秀吉は柴田勝家の立場になる。対峙が長引く中で強硬に中入れを主張する池田恒興らを秀吉は抑えることができず、それが敗因となってしまった。対して「中入れ」の軍を単独で撃破した家康は、更なる欲は出さずにすぐに撤収して、秀吉に勝った実績を「勲章」とした。この「勲章」が秀吉に負い目を抱かせ、後々豊臣家滅亡に起因すると思うと興味深い。

 

   

織田信孝。余りにも激しい辞世の句「昔より 主内海(討つ身)の 野間なれば むくいを待てや 羽柴筑前」。野間は信孝が幽閉された場所でもあり、また平治の乱源義朝が家臣に裏切られて終焉の地になった場所でもあります。

 

 また秀吉の強運も後から見れば驚く。柴田勝家滝川一益本能寺の変ですぐに動けない状況だったことは、少し間違えれば秀吉自身の運命であったことを本作品でも触れている。しかも滝川一益は強敵武田家滅亡の功労者として、領地と共に関東管領奥州探題という、皆が羨む褒賞を受けた後の「高転び」。

 運命の皮肉を描くために、滝川一益が本作品の最後を締めくくる役割を担った。

 

 よろしければ、一押しを <m(__)m>