小説を 勝手にくくって 20選!

ジャンルで分けた20選の感想をつづります。

       書評を中心に、時たま日常を語り社会問題に意見します。ネタばれは極力気をつけます。        

18 春にして君を離れ (1944)

 

【あらすじ】

 地方弁護士の夫との間に1男2女に恵まれ、よき妻・よき母であると自負している主人公ジョーン・スカダモアは、結婚してバグダッドにいる末娘(次女)の急病を見舞った帰りの一人旅の途上にある。荒天が一帯を襲い、交通網は寸断される。列車の来るあてのないまま、砂漠のなかにあるトルコ国境の駅の鉄道宿泊所(レストハウス)に、旅行者としてはただ一人幾日もとどまることを余儀なくされる。

 何もすることがなくなった彼女は、自分の来し方を回想する。やがて彼女は、自分の家族や人生についての自分の認識に疑念を抱き、今まで気づかなかった真実が浮かび上がっていく。

  

【感想】

 ミステリーではないが、様々な所で取り上げられて、様々な意見が出ている作品。

 そして私はまず、誰にも共感されないであろう感想から書きます。小さいフォントで書くので、興味のない方は飛ばし読みしてください。 

 1970年代後半から少年ジャンプで連載されたボクシング漫画「リングにかけろ」。主人公高嶺竜児のライバル剣崎順の必殺ブローはギャラクティカ・マグナム。このブローが繰り出されると、見開きで火砕流が背景に描かれ、圧倒的迫力で相手は吹っ飛ばされる。

 そして剣崎が次にあみ出された必殺ブローはギャラクティカ・ファントム。このブローが放たれると背景は宇宙空間に変わり、相手は無重力の中に「スコーン」と投げ飛ばされる。何が何だかわからないが、とても効くのだろうと思わせる(ふう)。

 私がこの本を読んで感じたのは、この「ギャラクティカ・ファントム」を受けて無重力空間に投げ出された対戦相手の状態(?)。主人公から見た情景がエピローグになると突然様相を変えて、それまで安定したいたものが無重力空間に変わり、全ての支えを失ってしまう「喪失感」に包まれた気持ちにさせられた。

               f:id:nmukkun:20210723083913j:plain

               *画像「少年ジャンプ」

 

  妄想から戻ると(?)、本作品はクリスティーがメアリ・ウェストマコット名義で書いた小説の第三作。ウェストマコット名義はミステリーではない女性ロマンス的な分野とされ、「娘として」「妻として」そして「母として」様々な女性像を描いている。作品の中で犯罪は起きないが、そこはクリスティー。物語の展開、登場人物の感情の綾、そしてどんでん返しとミステリーファンにも読ませる小説となっている。

 クリスティー自身が自伝の中で「自分で完全に満足いく1つの小説を書いた」と言わしめた作品。勝手ながら想像すると、クリスティーは少女の時から、おませで読書好きで、大人の心理を観察することが好きだったのだろう(そのような少女が、クリスティーの作品でよく登場する)。

 そして成長するにつれて、相手の言葉や動作が、どのような心理を背景に行われているかが「透けて」しまう。それが善意なのか、悪意なのか、それとも無意識によるものなのかが、クリスティーには全てわかってしまう。自分の「透視能力」が周囲に知られたくない思いを、成人して、結婚して、一時期感じたのではないだろうか。それをミステリーでは登場人物、特に犯人の動機や人間関係のミスディレクションとして描き、本作品では前面に押し出して表現した。

 クリスティーを思わせる、テレパシーで人の意識が透けて読めてしまう女性主人公の苦悩を描いた、筒井康隆の名作「七瀬3部作」の第1作。

         

 本作品の主人公ジョーン・スカダモアは非常にわかりやすい設定にしている。妻の立場で無意識のうちに相手を値踏みし、「マウンティング」して自分の優越感を確かめる。そして、相手がどのように自分を感じているのかまで思い至らない。

 しかし自分の周りに、そして自分自身の中に、大なり小なりジョーン・スカダモアは「存在する」。その存在が時には影に引っ込み、時にはちょっと顔を出し、そして時には前面に押し出される。ネット上の炎上、弱く抵抗しない相手に皆でこぞって批判するのは、心の中の一部を占める、この種の類いだろう。

 対して夫は、妻の性格を知りながらもそのままにしている。昔は言い合ったこともあるだろうが、おそらく様々な会話をするにつれて、自分の「城」を築いてしまった妻の「攻略」ができないと悟ったのだろう。同じく「母親」を攻略できない娘とともに、現在の生活を壊さないためにも、自分が譲る生き方を選んだと思われる。

 これは同じ夫として理解できる(決して配偶者が「ジョーンのよう」と言うわけでは「絶対に!」(絶対に?)ない)。夫婦で暮らして行くには、お互い譲り合うことも必要。そう言ったら恐らくジョーンも「自分を犠牲にして、家族の幸福のために今まで精一杯努力してきた」と言うだろう。それはそれで間違いはない。 

           f:id:nmukkun:20210723084421j:plain

 

 昔の話だが、弁護士から民事上の争いで妻が介入した場合、大抵の場合は解決が長引くと聞いたことがある。これは男女に限らないと思うが、特に昔の専業主婦は、自分の価値観に対して批判されることない生活をしていきたため、紛争があると自分の意見が正しいと思い込み、決して相手方に譲らないからだという。

 現在は女性の社会進出などで、このような考えを持つ女性は少なくなったと思うし、反対に自我に強く「切れやすい」男も増えている。また成功体験を信じて疑わない「パワハラ」上司も同様の思考を持つと思われる。重ねて言うが、決して男女の性別による思考の違いではない。そのような思考に対して夫は、妻は、部下は、そして周囲は、本人に余り刺激を与えずに「敬して遠ざけて」生活することを選ぶことも、往々にしてある。

 そして全てが透けて見えてしまうクリスティーからすると、ジョーンのような存在をどう思ったのか、そしてどう対処したのかは容易に想像がつく。そんな経験と「観察」を積み重ねて、「完全に満足いく1つの小説」を作り上げた。

 本作品におけるジョーンの肥大化した自意識を、「犯罪者の心理」として発展する感想を述べているコラムを見る。それも1つの見方だが、私がこの作品、そしてジョーンを読んで最初に連想したのは、「鏡は横にひび割れて」に登場する「被害者」である

 nmukkun.hatenablog.com

 

 

1989年1月8日(日)

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

 

 昭和64年1月7日の朝、昭和天皇崩御されました。社会人1年目だった私は、当日は土曜の半日出勤日。終業後その足で皇居の赴き記帳をさせて頂き、私なりに「昭和」の幕を閉じました。私にとっての昭和は、子供が大人になる時代でもありました。

 そして翌日1月8日、「平成」がスタートします。昭和天皇の御容体で前年秋から自粛ムードが続いていましたが、新しい年号と新天皇の即位で、やや明るい雰囲気にもなりました。これはコロナ禍でのオリンピック開幕と重なるかもしれません(直前までのゴタゴタを見ると、コメントする気が失せましたが・・・・)。

       f:id:nmukkun:20210722195542j:plain

 

 私にとっての平成元年1月8日は、今でも記憶に残っています。テレビはどこも昭和回顧の同じような番組が続いたため、さすがにテレビからは離れ、懸案だった作業に取り組みました。それは利用していた富士通ワープロ「オアシス」にモデムを設置して、当時流行り始めたパソコン通信ニフティサーブ」の接続に取りかかることです。悪戦苦闘の上通信が無事接続されて、大量の「テキスト文書」がワープロ画面にダウンロードされたときの感動は、今でも忘れられません。

 大量の文字情報が、初めて個人的に入手できるようになりました。そこには同じ趣味を持った人たちが集まる「フォーラム」が次々と立ち上がっていて、コアな情報のやり取りが交わされていました。私は当時夢中だったF-1のフォーラムでマシンやドライバーの情報を入手し、当時はなかなかリアルタイムでは伝えられなかったレースの経過や結果に一喜一憂していました。

   f:id:nmukkun:20210722200640p:plain

 

 ここで「平成時代」を大急ぎで振り返ります。

 政治的には自民党が2度も政権から下野するも、都度不死鳥の如く返り咲きました。

 国際的には平成元年にベルリンの壁が崩壊して、冷戦が終結したと思ったら、また次の対立抗争が生まれて現在に続いています。

 社会的には阪神淡路大震災東日本大震災などの大きな自然災害に見舞われ、また平成元年に起きた「坂本弁護士一家事件」をきっかけに、オウム真理教の一連の事件が報道され、刑の執行まで平成を通して影を落とすことになります。

 スポーツ界では、イチローが平成31年の3月21日までの長い現役生活を続けて「巨人ブランド」に代わるプロ野球の象徴になりました。またJリーブも同じ平成4年に開幕して、野球以外のプロスポーツが日本に根付くきっかけとなります。

 経済分野。バブルの宴から崩壊、そして「失われた10年」と乱気流に巻き込まれます。

 そんな中でIT分野は躍進を遂げます。平成4年にはWindows3.1が発表され、当時最先端だったマッキントッシュに追いつこうとします。平成6年にはコードネーム「Chicago」(秋葉原に大きな看板が掛かっていたことを覚えています)として開発されていた次期OS「Windows95」が発売されて、パソコンが急速に広まりました。それと共にパソコン通信は、次第にインターネットに取って代わられることになります。

 パソコンがオフィスで当たり前の存在となり、インターネットが発達することで、日本に限らず世界経済で大きな地殻変動が起きました。単にIT企業の隆盛を招いただけでなく、企業内での働き方にも変化が起きました。これは個人的な感想ですが、1986年に改正・施行されたいわゆる男女雇用機会均等法についても、法の不備がある反面、IT化によって男女の活躍の場が次第に共通化されて、女性の社会進出を進める手助けになったと思います。反面、付加価値労働の範囲が狭まり、またデフレにも関連して所得が引き下げられて、夫婦共稼ぎを「しなければならない」状況も生まれています。

          f:id:nmukkun:20210722195744j:plain

 

 ITの浸透によって、現在は「ビックテック」などと呼ばれているITの巨大企業に富の集中が行われています。人類史の中で革命や戦争、そして産業革命などと並び称される、歴史に残る経済基盤の変化がこの「平成時代」に進行しました。私は平成元年1月8日に、パソコン通信を接続するため悪戦苦闘していましたが、その延長線上に自分の社会人生活に大きな変化をもたらし、また目の前に「ビックビジネス」のチャンスがぶら下がっていたとは思いも寄らず、一喜一憂していました。

 でもそれはしょうが無い話。今から考えても私には、IT業界で勝ち抜く「能力」も、他者を押し分けて競争に勝ち抜く「鋼のメンタル」も持ち合わせていませんでした。

 時は流れて令和元年5月1日。私は再び元号が代わる瞬間を、翌日の祝日を良いことに徹夜で読書をする決心をして、腹ごしらえのためにラーメン屋に行って、メタボの進行に邁進していましたとさ(ダメだ、こりゃ)。

                        f:id:nmukkun:20210722195628p:plain

 

17 検察側の証人(1954)

【あらすじ】

 高名なウィルフリッド・ロバーツ卿の法律事務所レナード・ボウルという若者が訪ねてくる。ある夜金持の未亡人が撲殺された事件の容疑者となっているが、自身は全く身に覚えがないと主張しているのだ。状況証拠は容疑者の青年に不利なものばかり。金が目当てだとすれば動機も充分。当のレナードは、婦人の死亡推定時刻の午後9時半には自宅に帰っていたと主張するが、それを証明できる者は、妻で、その関係から法廷では証拠として見なされないローマイン・ハイルガ―だけだった。

 後に婦人の「全財産をレナード・ボウルに相続させる」と書かれた遺言書が見つかったことで、ますます彼を不利な状況へと追い込まれた。こうして迎えた公判で、無罪を主張するロバーツ卿の弁護側に対して、検察側はある一人の証人を召喚する。そこに現れたのは、レナードの妻のローマインだった。

 

 【感想】

 ここからは、特定の探偵が登場しない「ノン・ジャンル」の分類になります。

 本作品は1925年に発表された短編小説を後に、クリスティー自身によって戯曲の台本に書き直された作品。1953年からはロンドンとニューヨークで数百回にわたって舞台として上演され、1957年には『情婦』というタイトルで映画化もされている。今回私が取り上げたのは、結末が一部書き加えられた戯曲版である。

 戯曲なので会話が主で地の文は少ないが、とても面白い。内容もクリスティーが得意の男女の三角関係がポイントとなる法廷サスペンスとなっている。日本では法廷でドラマは起きにくいが(テレビで描かれる日本の法廷サスペンスは噴飯ものである)、英米では陪審員制度が昔から定着しているためか、文字通りのドラマとなっている。昔は弁護士も検察も、陪審員をうならせる「小芝居」が必要だったのだろう。

 ストーリーとしては、なぜ妻のローマインが本の題名通り「検察側」の証人として出廷してきたのかがキモとなっている。妻の証言は証拠と見なされないことが多く、そのためロバーツ卿も「弁護側」の証人出廷をあきらめた経緯もあった。そこに疑問を持ったロバーツ卿は、一つの出来事を中心に証言の嘘を見破り、事件の風景をひっくり返すのだが、そこからも二転三転と、小説に比して短い分量にもかかわらず、クリスティー流の仕掛けがたくさん詰め込まれている。

  物語の骨組みや、登場人物たちが文字通り「懸命に」演じた事件の背景。これは分量は半分ほどだが、「ナイルに死す」を思わせる。そして「ナイルに死す」の持つ「芳醇さ」だけを失わせずにかつ、舞台を意識した結末を設定し、戯曲とは思えない読み応えを持つ。

                                         f:id:nmukkun:20210718190851j:plain

  映画「情婦」より

 

 映画『情婦』は、ほぼ原作に忠実。最近NHKのBSで何度か放送されて観る機会があったのだが、出だしはクリスティー流のユーモアを思わせ、それから法廷での二転三転の展開、各登場人物の演技など、原作の雰囲気を壊さない内容で、非常に興味深く感銘を受けた。

  ちょうど今年(2021年)8月から日本でも舞台化されて東京、大阪、兵庫で上演される予定で、ちょっと気になる。そしてさだまさしは本作品にインスパイアされて、実験的な曲を作った。その名もズバリ「検察側の証人」。ストーリーは本作品とは異なるが、男女が別れる理由を、男の立場、女の立場、そして第3者の立場でその違いをかき分けて、更に1番、2番、3番で声質も変えて歌い分けた「クリスティー」のテイストを感じさせる楽曲となっている。

 テレビもなく映画もまだ発展途上の時代、クリスティーは小説だけでなく舞台の戯曲でも華々しい活躍を遂げている。おそらくクリスティーは小説を創作する際、頭の中で登場人物が溌剌と動き回っていたのだろう。そして読者を驚かす仕掛けとタイミングは身についている。それはそのまま、戯曲の創作にも直結する才能と思える。

 

 


www.youtube.com

ライブ版は動きがあって画像的にはいいのですが、声質の違いなど曲の作りが凝っているのでこちらをアップしました。とは言え発表は1980年と今から30年以上前になります(さださん、若い ! )。