小説を 勝手にくくって 20選!

ジャンルで分けた20選の感想をつづります。

       書評を中心に、時たま日常を語り社会問題に意見します。ネタばれは極力気をつけます。        

13 海外ミステリーBest20(年代順)

番外 世界推理短編傑作集1~5(江戸川乱歩編 創元推理文庫)

元々は「ミステリーベスト20”海外編”」を妄想していましたが、それではクイーンとクリスティーに偏りそうな危険があったので、先に両者+ホームズを「片づけて」今回くくりました。

20 ミレニアム1 ドラゴンタトゥーの女 スティーグ・ラーソン(2005)

雑誌責任者ミカエルは、大企業グループの禅会長から疾走事件の調査の依頼を受ける。調査は混迷を深める。助手として選んだのはドラゴンのタトゥーを入れたリスベット・サランデルだった。

19 天使と悪魔 ダン・ブラウン(2000)

ラングトン教授は「イルミナティ」の紋章を焼き付けられた死体の写真を見せられる。死体は欧州原子核研究機関科学者で最近反物質の生成に成功して盗まれていたことが判明する。

18 ボーン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー(1997)

空き地で人の手を発見する。美貌の巡査サックスは現場保存のために交通を封鎖、しかし過剰な封鎖で上司から𠮟責されてしまう。その日全身麻痺の鑑識のプロ、ライムに捜査協力の依頼が来る。

17 検屍官 パトリシア・コーンウェル(1990)

検屍局長のケイは、リッチモンド市で2カ月前から続いている強姦殺人事件のを担当している。プロファイリングによっても被害者の共通点は見つからない。そして5人目の被害差が出てしまう。

16 羊たちの沈黙 トマス・ハリス(1988)

FBIの実習生クラリスは任務を課される。元精神科医の囚人ハンニバル・レクタはFBIへの協力を拒絶していた。クラリスは、事件に関する助言を求めるため、自分の過去を語り始める。

15 推定無罪 スコット・トゥロー(1987)

主席検事補のサビッチは、不倫関係にあった女性検事補キャロリンの強姦殺害事件の担当となる。政治的な思惑も重なり事件が注目を浴びるが、そんな中サビッチは容疑者として起訴される。

14 偽のデュー警部 ピーター・ラムゼイ(1982)

時は1921年。歯科医のウォルターは妻のリディアから、ハリウッド映画で一旗揚げると宣言される。浮気中のウォルターは、妻を船上で産みに放り捨てようと考えて同じ船に乗り込む。

13 ホッグ連続殺人 W・L・デアンドリア(1979)

新聞記者のビューアルは2人が死亡し1人が重傷を負うという事故を目撃した。その後「HOG」と名乗る者から「あれは事故ではない。私が殺した」との犯行声明文がビューアルのもとに届く。

12 キドリントンから消えた娘 コリン・デクスター(1976)

キドリントンに住んでいた女子学生が失踪してから2年後。その行方を追っていたエインリー警部が事故死し、モース警部とルイス巡査部長に引き継いでの捜査が命じられる。

11 百万ドルをとり返せ! ジェフリー・アーチャー(1976)

北海油田の株を買わせて大もうけした大物詐欺師。かわりに大損した数学教授、画商、医者、貴族。彼ら4人は頭脳の限りを尽くして、詐欺師から奪われた百万ドルを取り返そうとする。

10 シャドー81 ルシアン・ネイハム(1975)

アメリカ軍のジェット戦闘機、TX75E機が突然消息を絶った。その数週間後、TX75E機がジャンボ旅客機をいつでも攻撃できる位置で追跡し続ける方法でハイジャックを行う。

9 黒後家蜘蛛の会 アイザック・アシモフ(1974)

「黒後家蜘蛛の会」。メンバーは化学者、数学者、弁護士、画家、作家、暗号専門家とヘンリーという給仕。この会の中で出た謎を、給仕のヘンリーがいつも見事に真相を解き明かす。

8 悪魔の選択  フレデリック・フォーサイス(1972)

イギリス防諜機関のマンローは、ソビエトに潜入しての情報収集を命じられる。その頃ソビエトでは政治抗争が暗躍していた。KGB議長への銃撃でソビエトの、そして世界の均衡が破れる。

7 女には向かない職業  P・D・ジェイムス(1972)

コーデリア・グレイは22歳。秘書として雇われた探偵事務所で、所長バーニイから探偵の素質を見出されて共同経営者となった矢先、その所長のバーニイが癌を苦に自殺してしまった。

6 さむけ ロス・マクドナルド(1964)

探偵アーチャーは実直な青年から、新婚旅行初日に突如失踪した花嫁を捜索するよう依頼を受ける。ある男が青年が不在の時にホテルの部屋に訪ねていたことが判明するが、その男も姿を消す。

5 わらの女 カトリーヌ・アルレー(1956)

ヒルデガルデは空襲で全て失った。現在は友人も財産もないまま、細々と生計を立てていた。しかし夢は財産家の男に嫁ぎ、不公平な世の中に復讐をすることだった。

4 死の接吻 アイラ・レヴィン(1953)

野心家の青年は財産目当てで大富豪の娘を誘惑する。交際中に彼女の妊娠が発覚してしまう。子供を堕胎して家族に祝福されるよう説得するが聞き入れてもらえない。

3 幻の女 ウィリアム・アイリッシュ(1942)

「夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった」。スコットが家を出た間に妻が殺害されて、逮捕される。アリバイを証明してくれる「幻の女」を探すが・・・・

2 試行錯誤(Trial and Error) アンソニー・バークレー(1937)

余命数か月と宣告されたトッドハンター氏。残り時間の使い方を問うに、全員一致で「殺害」の結論に達する。そして社会の害をなす人間が死亡するが、逮捕されたのは無実の人間だった。

1 火刑法廷 ジョン・ディクスン・カー(1937)

ゴータンは作り上げた作品は、17世紀フランスの女性毒殺者を描いたもので、添えられていた毒殺魔の姿は驚いたことに編集者スティーブンスの妻・マリーにうり2つであった